2012/12/28

2012年の私的ふりかえり


2012年も、残すところあと数日となりました。。早いもので。。

先日来年の手帳を買い、ついでに今年の手帳を1月から読み返してみました。手帳に書かれたイベントやノートを読むと、「本当に今年もいろいろあったなぁ」としみじみとします。

1年は体験するのにはあっという間ですが、一月ひとつきをじっくり振り返ってみると、結構長いなぁとも思います。1年前のことなんて、もうずっと前のことのように思えたりもします。

ふりかえると、いまは自分にとって当たり前と感じられることなんかも、1年前はできていなかったり、出会ってさえいなかったり。今はあまりにも当たり前になったので、逆に「当時どうしてたんだろう?」と疑問に思うこともあります。それらが自分の成長や老いの証なら、ちょっとうれしいような。

2011年は、よくも悪くも、人生には自分でコントロールできないものが多いんだなぁということを実感して、それで今年は、できればサーフィンのような感覚で、もっと力を抜き、感覚を研ぎ澄ましてやっていければなぁという思いでやってみました。ナチュラルな力をもっと出していければなぁと。

その意味ではかなり大きな収穫があり、そのあたりは今後も追求していきたいなと思います。本当の成果が実感できるのはもっと後になってからかなとも思いますが、生活感覚として変わった部分は大きいように思います。


今年1年の間ずっと「2012年にやりたいこと」というのをプロフィール欄に載せていたので、せっかくなのでそれらについて個別にふりかえってみたいと思います。

今年1年こんなことを挙げていました。

2012年にやりたいこと
  • TOEIC900点
  • 英語の小説を楽しむ
  • 自分の仕事を大きくする
  • 中小企業診断士
  • 早起き生活
  • 料理習慣
  • 座禅習慣
  • 海外滞在
  • マラソン

欲張ってますね。。。以下、順にひとつずつ。

TOEIC900点 → △
去年(2011年)の夏に受けたTOEICの点数が、800点ちょうど。そこからもうひと伸ばししたいなぁと思い、900点を目指しました。

が、、、結局、TOEICテストは今年受けませんでした。理由は、1)やっぱり「800点取れたらもういいかな・・・」と思ったのと、2)「英語力を上げる」という本来の目的に立ち返ったとき「いまの僕に最も必要なのはTOEIC的な座学じゃないな」と思ったのと。

具体的には、単語覚えたりするよりは、人とのコミュニケーションや英語本の読書、edX受講、環境の英語化といったことを行ってきました(その中で辞書を引くことはよくありましたが)。その意味では大きな収穫があり、短期的には「もうTOEICはいいかな」という感じになりました。

あと、今年は一生付き合っていきたいと思う外国籍の友人たちとの出会いもあったので、そのあたりで英語へのモチベーションが大きく上がったということもありました。これは本当にラッキー。

英語の小説を楽しむ → ○
「英語を勉強する」から「英語で楽しむ」へとシフトしていくためのひとつのステップとして、英語の小説にトライしました。

英語の本を読んでいると、ついつい日本語の本を読むときと比べてしまって、読むスピードが遅い(=物語の展開があまりにも遅い笑)のにヤキモキしたりもしましたが、無事にいくつか読むことができました。

これで英語力が上がったかはわかりませんが、去年までは、英語の文章を読み始めるとき「さぁ、読むぞ!」と意気込む必要がありましたが、今年はそれが軽減されたように思います。

というのと、何より楽しくてよかったです。

自分の仕事を大きくする → ×
これは全然ダメ!

どちらかというと、新しい世界に出会って、横に広がった感じになってしまいました・・・笑 ただ、「仕事をもっと楽しむ」「よりおもしろい仕事ができるようになる」という意味では、大きく一歩前進できたかなと。

中小企業診断士 → △
昨年の末に中小企業診断士の資格を取ろうと決め、今年1年がんばってきました。

結果は、1次合格、2次不合格。。。合格のうれしさもあり、残念な思いもあり。

2次には落ちたものの、勉強のプロセスで学んだことは本当にたくさんありました。また、参加した勉強会や、同じく診断士を目指す友人の姿勢から学んだことも大きく、全体として、よいチャレンジになったかなと思います。

社会人になってから、座学をこれほどみっちりやったのも初めてのことでした。正確な数字はわからないけど、おおよそ400~800時間ほどは勉強したような。。。これだけの時間があればいろんなことができるなぁとも思うので、ちゃんと活かさないと。

得意なこと以外で「座学をコツコツやる」というのは、年齢的にもうキツいかなという懸念もありましたが、そこは大丈夫でした。よかった。。。

早起き生活 → △
やれたときもあれば、やれなかったときもありました。診断士の勉強に集中していたときは、どうしても夜型になってしまいました。

料理習慣 → ×
去年からときどきやるようになった料理。こちらも今年やりたいことのひとつでした。

結果は、、、こちらも診断士のしわ寄せで、あまりできませんでした。ただ、人生初の料理教室に通ったりして、料理に対する心理的ハードルはものすごく低くなりました。料理というのは日常的に「作る楽しみ」を得られるいいものだなぁと思ったので、今後もっと、やっていきたいです。

座禅習慣 → ○
去年から続けている座禅。これは、今年も続けてきて、効果のほども実感できました。

これも、ヒンズーやムスリムの友人ができたりして、彼らから影響を受けることができた、というラッキーな面が大きいと思います。地域によってスタイルはさまざまですが、瞑想やお祈り、座禅といったいわゆる「静」の活動には、共通した知恵があるということもなんとなくわかってきました。

こちらも今後も追及していきたいです。

海外滞在 → ×
全然ダメ!

マラソン → ×
全然ダメ!

去年の大阪マラソンで足を故障してしまったので、リベンジの意味もこめて今年はマラソンを走りたかったのです。が、、、大阪、神戸ともに落ちて機会を得られず。。。診断士を優先したため、遠方のレースには出たくない、というのもありました。

その代わり、にはならないのですが、大阪マラソンのボランティアをする機会を得られて、「マラソンボランティアおもしろ!」という発見もあったので、これはこれでよかったです。


・・・以上です。

できたことも、できなかったことも、いろいろありました。が、何より、カゼをほとんどひかず健康に暮らせた点は、よかったです。ありがたいことです。また、今年は何といっても、旅な感覚を終始心がけられたので、そのあたりが自分では楽しかったです。


日本はいま多くの問題を抱えていますが、ほかの国々に目を向け比較してみると、「日本はまだましな方かもなぁ」と思えることが本当にたくさんあります。

マキシマイザー(≒完璧主義)的感覚で見るとダメな部分は数え切れませんが、サティスファイサー(≒「ま、いっか」)的感覚で見ると、総じて、いい時代だなぁと。

世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ 海人の小舟の 綱手かなしも

2013年がよき年になりますことを。がんばろ。

2 件のコメント:

PlayingCanon さんのコメント...

振り返った時に、良かったと思える一年でよかったですね。英語力がさらに増したようで、強みに磨きがかかったね。よいお年を!(^-^)/

ゴトウハヤト さんのコメント...

うん、診断士落ちたりもしたけど、1年をふりかえるとありがたいことがたくさんありました。ありがとう。2013年もお互いよい年になるといいね。