2012/10/11

edXを受講し始めました


edXがとてもおもしろそうなので、ためしにひとクラス受講してみることにしました!

edXは、マサチューセッツ工科大学(MIT)とハーバード大学が共同で開発したオンラインの教育プラットフォーム。現在はカリフォルニア大学バークレー校も参加し、3校で運営・クラス提供をしているそうです。スタート前からちょこちょこ話題になっていたようですが、それがいよいよこの2012年秋スタートしました。



edXについてももっと詳しく知るならこちらのページなどがおすすめです。
ハーバード大とMITがコースをオンラインで提供するedXプロジェクト - techcrunch
ハーバード大学とMIT、無料オンライン教育サービス「edX」で提携 - ITmedia ニュース
What is edX? - MIT News Office(英語)
edX - Wikipedia, the free encyclopedia(英語)

開校にあわせて開講されたのは次の7講座。
  • 3.091x: Introduction to Solid State Chemistry (固体化学入門)
  • 6.002x: Circuits and Electronics (回路・電子工学)
  • 6.00x: Introduction to Computer Science and Programming (コンピュータサイエンスとプログラミング入門)
  • CS50x: Introduction to Computer Science I (コンピュータサイエンスI)
  • PH207x: Health in Numbers: Quantitative Methods in Clinical & Public Health Research (健康の数学)
  • CS169.1x: Software as a Service (SaaS)
  • CS188.1x: Artificial Intelligence (人工知能)

このうち僕は「6.00x Introduction to Computer Science and Programming」を受講することにしました。コンピュータサイエンスとプログラミング入門。使う言語はPythonです。

シラバスを見たところでは、このクラスで学ぶことの大半は学生時代に学んだことなので知識面で何か新しいことが得られというのはあまり多くないかなとは思うのですが、いろいろな意味でおもしろそうなので――
・21世紀の教育と学習への興味
・今年のマイテーマのひとつでもある「英語」の力試し
・知的好奇心を満たす趣味
として、そして何より「MITのクラスがどんなものなんか覗いてみたい!」という興味本位で(笑)、受けてみます。

日本で普通に暮らしていると、MITなんてのはちょっと「あっちの世界」というか、自分とは別次元の世界だという印象がありますが、edXのおかげで、学力・経済的にはMITに行くことはできなくても、不安やリスクなしにMITを模擬体験することができます。

このあたり、日進月歩でどんどんおもしろくなってきますねー。

ちなみにコンピュータサイエンスのシラバスはこちらのページに。レクチャは全部で24個。見出しだけ訳してみるとこんな感じです(誤訳あるかもしれません。。正確な内容はぜひオリジナルにあたってください・・・)。

  1. イントロ
  2. プログラムの核となる要素
  3. シンプルなアルゴリズム
  4. 関数
  5. 再帰
  6. オブジェクト
  7. デバッグ
  8. 効率と成長オーダ
  9. メモリと検索
  10. クラス
  11. オブジェクト指向プログラミング
  12. グラフ描画
  13. シミュレーション・ランダムウォーク
  14. サンプリング・モンテカルロ法
  15. 統計
  16. ランダム性を使って非ランダム問題を解く
  17. カーブフィッティング
  18. 最適化理論
  19. グラフ理論
  20. グラフ理論
  21. 動的計画法
  22. 統計の誤謬
  23. シミュレーション例
  24. サマリー

各トピックをどれだけ深くやるかはわかりませんが、このリストを見ると「半年でこれだけやるのか・・」という感じがします。。。かなり濃密みたいですね。現役の学生さん、他のクラスも同時に受けつつ事前知識なしでこんなん消化できるんかな・・・

いまちょっと受けてみたところだと、クラスは、動画+テキスト+エクササイズ、プラス、小テスト+中間テスト+期末テスト。それとオンラインフォーラムからなっています。すべて英語ですが、動画はキャプションの表示可ですし再生スピードの調整も可能なので、どれが興味のあるテーマがあって、英語の音は聞き取れなくても「文字はかろうじて読めるかも!」な感じであれば、受講してみてもおもしろいかと思います。

10月11日現在、クラスはすでにスタートしていますが、いまからでもアカウントを作成して登録すれば今期の受講が可能のようです。ご興味ある方はぜひ!!

実際に受講してみようかなというときは、ご利用ガイド(Terms of Service)倫理規定(Honor Code)をまず読まれるのがよいかと思います。

・・・
2012年も早いものでもうあと2ヶ月と少しになりました。

個人的には、2011年もそうでしたが、この1年も本当に素晴らしい友人、良い出会い、良い環境と機会に恵まれ、学びの多い1年となりました。またそのあたりについてもおいおい書いていきたいですが、まずは、edX、楽しんでみます。

edXについていえば、プレッシャーも何もなくただ楽しむのみ!なのでがんばることは特にないですが、これから半年、単科生気分でがんばります!!笑

0 件のコメント: