2012/01/18

動画を使った教育の本格的な始まり?


Googleが「YouTube for Schools」「YouTube TEACHERS」というプロジェクトをひと月ほど前に公開しました。・・・ということを今日知ったのですが、個人的に、ものすごく衝撃です。



これ、要は「動画を学校教育に取り入れて、授業の質を上げよう!」という提案なのですが、すごいのが、ただ「素敵な動画がたくさんありますよー」と動画をただまとめただけのでなく
  • 動画を授業で活用することにはどのようなメリットがあるのか
  • 実際動画(YouTubeのプラットフォーム)をどう活用すればいいのか
という話もあれば
  • 「まずはここから始めてみましょう!」
  • 「他の教師たちと協働できる仕組みも用意していますよ!」
という超具体的な話まであるところ。かなり本気な、トータルの提案がなされています。動画を使ったレクチャに関するヒントを無料でこんなにもらえるだけでも、なんだかすごいなぁと。今のところYouTubeはユーザから課金するつもりはないようですが、これならお金払っても全然満足できるレベル。数年以内に「大学行くよりも家でYouTube見てた方が(アカデミックな意味で)勉強になる」というのも、ありえない話でもなさそう。何といいますかもう、「いい時代だなぁ」の一言に尽きます。。。

こういうプロジェクトを見たりすると、教育のあり方は(遅くとも21世紀前半のうちに)人類の歴史上かつてないほどドラスティックな変化を遂げるんだろうな、と素朴にワクワクします。本当に「教育革命」と呼んでも大げさにならないようなことが起こるし、起こせるだろうなと。あぁ楽しみ。

僕が学生だったときも「今の時代は恵まれてるなぁ」と思うことがたくさんありましたが、今は僕が学んだ頃とはまた別の次元で新しい教育が生まれつつあって、また違う次元の豊かさが生まれているようにも思います。

ただ、怖いのが、このままだと英語圏だけがどんどん先に行ってしまって、その他のローカル言語圏(日本語含む)が置いてきぼりを食いそうなこと。去年今年にかけてほんの少し教育の現場を覗かせてもらったところでは、世の中の技術や仕事のあり方、必要なマインドセットがこれだけ大きく変化しているのとは対照的に、従来の教育現場はそこだけ時が止まったかのように、10年前、20年前と変わらない、、ように見受けられました(もちろん、時代にキープアップしている教育現場もあるかとは思いますが)。それに対し、英語圏にはMITに通わずMITに行っただけの知識を身につけようというプロジェクト(笑)をしている面白い人なんかも出てきたりするほど、グイグイ進化しているような感じがします。よその言語圏のことはよくはわからないのですが、この感じだと言語圏によってものすごい差が開いてそうだなぁと思います。ネットワーク外部性、と言うんでしょうか、最初は少しだけしか違わなかった規模の差がどんどん大きくなりそうです。と、あくまでも感覚ですが。

ちなみに、こちらが上述の「MITを独学で」と言っている人の動画です。



・・・ということでまたとりとめのない感じになってしまいましたが(泣)、ともあれ。ジョン・マエダさんが言ったように新しい技術は常にenablerでもありdisablerでもあるので、教育×ITにおいても、大事なのは新しい技術と従来のものをうまく組み合わせて教育がもたらすべき価値を最大化すること、かなと思います。その意味でいっても、動画とウェブというツールはものすごい大きなうねりを生みそうな、怖いツールだなぁという感じがします。

0 件のコメント: