2011/10/06

WiMAX比較の3つのポイント


インターネット用の接続端末を、ポケットWiFi(イーモバイル)からWiMAXに変更しました。

乗り換えの理由はものすごく単純で、とにかく
  1. WiMAXの方がポケットWiFiよりも速い
  2. WiMAXの方が安い
というところに尽きます。

地域や時間の問題だと思いますが、最近の我が家のポケットWiFiはそれこそ「15年前のダイヤルアップか」というぐらいの遅さだったので、、、もっと早くに乗り換えるべきでした。。。ただ、イーモバイルの2年縛りが気になったり、「WiMAXは首都圏でしか使えないんでしょ」といったとんだ誤解なんかもしてたりして、、、WiMAXに変える発想自体がありませんでした。

いま、WiMAXに乗り換えてからちょうど一ヶ月ぐらいになりますが、ほぼストレスなく使えています。

で、なんですが。僕がWiMAXを検討したときには、仕組みがよくわからず比較検討にやたらと時間を取られてしまいました。なので、今回はそのあたりのところを「これからWiMAXを検討される方」を想定読者にまとめておきたいと思います。


そもそもWiMAXとは?

WiMAXというのは、もともとは無線通信規格の名前です。ただ実際には、docomo、au、イーモバイルと並ぶような感じで通信業者名を指すために使われることが多いようです。

ちなみに、WiMAXに音声通話サービスはなく、すべてネット用の無線通信サービスのみとなっています。

WiMAXの仕組み

WiMAXは、仕組み(ビジネスモデル)が他とはちがいちょっと特殊です。

携帯の場合なら、通常、docomoならdocomoの「端末」と「通信回線」と「付帯サービス」「価格」がセットになっていますが、WiMAXは、「端末」と「通信回線」は共通なのですが、いろんな会社がWiMAXを販売しており、「付帯サービス」「価格」が会社ごとにそれぞれに若干異なります。

他に例がないのでこの感覚がちょっとわかりづらいのですが、販売する業者によって
  • 取り扱い端末
  • キャンペーン特典
  • 特典
  • 価格
などが少ーしずつ異なってきます。

ですので、長い期間使う場合は特に、このあたりのことを気をつけて購入した方がいいかな、と。


比較するときの3つのポイント

「WiMAX」にすることはほぼ決めていて、その後どうするか、というとき、選択肢のポイントは3点あります。
  1. コース
  2. 業者
  3. 端末

ひとつは、コース。そして、業者と端末が選べます。それぞれについて以下手短に解説してみます。


1 コース
まずはコースについて。代表的なコースとしては、
  • 「月単位の契約」のもの
  • 「年単位の契約」のもの
の2つがあります。他にもいくつかありますが、主なものはこの2つです。さらに詳しくはこちらに載っています。
料金/サービス - UQWiMAX

2 業者
WiMAXを取り扱っている業者は、実は結構多くて、全国に20社ぐらいあるようです。すべて洗い出すのは大変なので、検索してパッと出てくるところだけピックアップします。
UQWiMAX(本家?)
DIS(ダイワボウ情報システム)
Broad WiMAX
WICOM
@T COM
BIGLOBE
So-net
netvalue
ヤマダ電機
エディオン

さきほども述べたとおり、業者によって取り扱い端末、キャンペーン特典、特典、価格なんかがちょっとずつ異なるため、それらを見比べて自分に一番合ったものを選ぶのがよいかと思います。

たとえば、ある業者は「登録手数料無料+初月料金無料」というキャンペーンで価格重視にしていますし、またある業者は「WiMAXプラスフリースポットが使える」といった付加価値重視にしています。そのあたりはお好みで。

ただ、その業者間の違いというのはかなり細かなものになったりもしますので、ひととおり調べるだけでも結構な時間がかかります(僕はここでハマりました・・・)。ですので、「数千円や数万円程度のちがいなら気にしない!」という方なら、違いはあまり気にせずどこでもいいのでサッと契約してしまっていいかと思います。

カンタンにまとめてみると、業者ごとのちがいはざっとこんな感じになります。
  • UQWiMAX(本家) ・・・ シンプル。全端末が選べる。価格は高め。
  • ネットプロバイダ系 ・・・ すでにそのプロバイダを利用している場合は安い。端末が限定される。特典がある。ネットと電話でのみ申し込み可。
  • 家電量販店系 ・・・ 店で対面で購入できる。リアルで聞ける安心感。端末が限定される。特典がある。

追記:
最近は、携帯会社のauが「WiMAXも使える端末」なんかを出しているみたいです。



3 端末
どの端末にするか、というのもひとつの選択です。WiMAXの場合は、通信スピードは基本どの端末でもいっしょなので、デザインやサイズ、PCと有線接続できるか、といった部分が判断材料になるでしょうか。

このあたりは、家で使うことが多いのか、それとも外出先で使うことが多いのか。使用イメージを考えてから選ぶと良いかと思います。明らかに持ち運び向きの端末もあれば、明らかに室内向きのものもあります。

業者ごとに取り扱い端末が少しずつ異なるので、「サービス内容で気に入った業者が、お気に入りの端末を扱っていない!」ということもありえますので、業者選びのの前に端末を選んでおいた方がいいかもしれません。

・・・以上です。


実際に調べると結構な時間がかかるので、ある程度調べてから「これでいいかな」という感じであればもうそれで決めてしまうのがいいかもしれません(僕はとことんやってしまい、本当に時間がかかりました・・・)。


ともあれ。なかなかいいです、WiMAX。monstar.chなんかで音楽流しっぱなしにしながらのブラウジングも、サクサク軽快。イーモバイルとは好対照(もちろん僕のエリアではたまたまそうなのだと思いますが・・・)。

やっぱり、キカイは人をイライラさせるのではなく。快適にして、幸せにしてなんぼ、ですよねー。

おわり。

0 件のコメント: