2011/10/30

大阪マラソンの結果と反省

今日は日記を。

本日、「第1回大阪マラソン」にフルの部で出場してきました。

結果は、6時間ちょっと

いやーよかった!! 初マラソンでもあるし、とりあえず、完走できたことにはホッとしました。このレースにはいろいろな思いがあり、どーしても完走はしたかったので、その意味で、ゴールできたことは何よりでした。

ただ。本来なら3時間台、4時間台でのゴールを狙うつもりで詰めてきていたので、そこからの比較からいうとちょっぴり残念です。。

原因は明確で、すべては事前準備にあります。まずひとつは、大事な時期に体調を崩してしまったこと、そして、人生初の腸脛靭帯炎――いわゆる「ランナーひざ」になってしまい痛みで練習ができなかったこと、この2点に尽きます。

完走できたのは幸いでしたが、なかなか、反省の多い大会でもありました。。。

成功したときよりも失敗したときの方が得るものが多い」――今回はこの言葉が頭に浮かびます。

今回の大会はまさにそれで。物事が順調にうまく行っているときも、それなりにちゃんと考えて動く、ようにはしますが、本当にうまくいかないときには、必要性から必然的に観察眼が鋭くなるし、ギリギリの状況の中でベストの方法を考えるようになります。「考えざるを得ない」といった方がいいのかも。

今回は、「出場するかどうか」という大本の部分でも悩んだので、やはり、そのときに得られた気づきや考えと、ふだん順調なときに考えていたことでは、質がちがいました。

その意味でいうと、甘ーい成功もいいけど、苦ーい失敗も、やはり人生には必要というか、ありがたいものだなぁと、改めて。失敗もあらまほしきものなり、ただしほどほどに。

これまで僕は、整理術やビジネスの領域においてはロジカルなアプローチを好んで多用してきましたが、スポーツにおいては、やや感覚偏重のやり方(頭を使わないやり方)でやってきました。でも、今回のことで、困ったときに先輩から貴重なアドバイスをいただいたこともあり、今後はジョギングについてもロジカルなアプローチの方を追求していきたくなりそうです。ジョギングには、それだけの深さもありそうだし。

いやー、ジョギングっていいもんですね。がんばろ。

とは思いますが、ヒザがガクガクになってるので(笑)、ジョギングはしばらく休憩します。


おまけ
大阪マラソン2011の結果をまとめてみました。
96%のランナーが完走!大阪マラソン2011のまとめ - NAVER まとめ

2 件のコメント:

葉坂 さんのコメント...

今夜のケアが大事なので、しっかりとしておいてくださいね〜

ゴトウハヤト さんのコメント...

葉坂さん

ありがとうございます。これまでケアをないがしろにしてきてこれだったので、、、今後はきちんとやるようになりそうです。。