2011/10/01

Be water, my friend.

最近ブーム(?)の「問題解決」や「戦略」などのフレームワークはものすごーーーく強力で、これをきちんと身につけておけば、ある意味、もう一生困らないというか、どんな「新しい問題」に直面してもそれなりにパフォーマンスを発揮することができるようになります。

これひとつで、僕はずいぶん生きるのがラクになりました。

ただ、こういったフレームワークが有効なのはものごとの最初の部分だけで、その後には、「PDCAサイクルを回しつつ泥臭い作業をただ延々とやるだけ」、あるいは「ただ場数を重ねるしかない」といった地味ーなステップが来ることがあります。

むしろ、人生の中で、戦略を考えてワクワクできる時間は一瞬で、そのほかのほとんどは、泥臭い地味な時間、、、なのかもしれません。

そういうときに僕はときどき、「こんなはずじゃなかった・・・」とか、「なんで俺はこんなことしてるんだろう・・・」というふうに、ついつい、思ってしまうことがあります。最近は減りましたが、数年前まではそれこそ毎日のように思っていたこともありました。

そんなときにいいアドバイスをくれるのが、僕の十年来の心の師(笑)の一人ブルース・リー。ときどき見返すと、やっぱり、いいこと言ってはります(笑)。

Bruce Lee said, empty your mind and be like water.



I said, empty your mind.
Be formless, shapeless - like water.
Now you put water into a cup, it becomes the cup.
You put water into a bottle, it becomes the bottle.
You put it into a teapot, it becomes the teapot.
Now water can flow or can crash. Be water, my friend.

(意訳)
私は言ったんです。頭を空っぽにしなさい、と。
型をなくしなさい、水のように、と。
水は、コップに入れればコップの形になるし、
ボトルに入れればボトルの形になるし、
ティーポットに入れればティーポットの形になるし。
水は流れることもできれば、衝突することもできる。水になりなさい、友よ、と。

問題解決技術や戦略的思考も大事だけど、それとセットで「柔軟になる」ということがとても大切なような気がします。むしろ、柔軟になる、主体変容、ということがなければ、問題解決や戦略は、本当の力を発揮できない、のかもしれません。

自分に言い聞かせるためにも。Be water, my friend!!

0 件のコメント: