2011/08/28

応用情報技術者試験の結果が返ってきました


今年6月に受験した応用情報技術者試験の合格証書が、先日届きました。合格証書が届いたってことはそりゃそうなんですが、結果は合格でした! 今年の目標のひとつにも掲げていたので、率直にうれしいです。

事前の勉強もしっかりやれたし試験当日も確かな手ごたえはあったので「まぁ大丈夫かなぁ」とは思ってましたが、結果が実際に送られてくるまではドキドキしました。受かっててよかった!

次のステップとしては、応用情報の上位試験にあたるITストラテジストを取りたいのですが、当面は本業などに集中するため、試験を見すえた勉強はいったんストップしようと思います。がんばろ。

ストップする前の最後の最後に。応用情報試験についての総まとめをしておきたいと思います。

・・・というのは、応用情報試験は春・秋の年2回開催ですが、受験者数が毎回万単位におよぶ人気の試験です。ですので今後も
  • 応用情報に興味はあるけど、どんなものなのかよくわからない・・・
  • 受けようかどうか迷っている・・・
  • 応用情報に申し込んだが、勉強方法がよくわからない・・・
という方がたくさん出てくるかと思います(1年前の僕がそうでした)。

しかし、応用情報試験関連の情報はまだあまり充実していません。もちろん、私的な体験記や試験の構成について説明したページ、対策本なんかはあるのですが、
  • そもそも応用情報試験とは何なのか?
  • 受験したらどういったメリットがあるのか?
といった情報を体系的にわかりやすくまとめた資料は僕が調べたかぎりあまりありませんでした。

ですので、応用情報技術者試験についてまとめてみたいと思います。なるべくニュートラルでわかりやすい情報を心がけて、応用情報に興味がある人が、これさえ読めば
  • 応用情報試験を受けるべきかどうかの判断ができる!
  • 実際の効率的な試験勉強のやり方がわかる!
というものにしたいと思います。

次回から、3回シリーズでいきたいと思います。1回目は概要編、2回目は価値編、3回目はコツ編と進めていきます。


追記
3回シリーズ、書きました。

0 件のコメント: