2011/04/04

いろんな会社の企業理念とビジョン その2(国内編)


先日のその1に引き続き、いろんな会社の企業理念とビジョンをピックアップしてみたいと思います。今回は国内の企業編です。

では早速。


良品計画(無印良品)
無印良品を展開する良品計画は、1)良品というものについての認識を表明した「良品」ビジョン、2)企業理念、3)具体的な行動基準、の3つを掲げています。
「良品」ビジョン
「良品」には、あらかじめ用意された正解はない。しかし、自ら問いかければ、無限の可能性が見えてくる。
企業理念
良品価値の追求
成長の良循環
最良のパートナーシップ
行動基準
1.カスタマー・レスポンスの徹底
2.地球大の発想と行動
3.地域コミュニティーと共に栄える
4.誠実で、しかも正直であれ
5.全てにコミュニケーションを
無限の可能性」という言葉に、一見無印良品らしからぬアグレッシブな姿勢が見えます。
企業理念 - 良品計画


Panasonic
Panasonicの場合は、松下幸之助が作った綱領が今も掲げられています。
綱領
産業人タルノ本分ニ徹シ
社会生活ノ改善ト向上ヲ図リ
世界文化ノ進展ニ
寄興センコトヲ期ス
綱領を現代風の言葉で言うと「生産・販売活動を通じて社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与すること」になるそうです。水道哲学の考え方がここに表れています。
経営理念 - パナソニック


UNIQLO
「これが企業理念だ!」と明確に提示された言葉は見当たらなかったのですが、、キーフレーズっぽいものは公式サイトに載っていました。
服を変え、常識を変え、世界を変えていく
グローバルワン 全員経営
ユニクロと柳井社長の実績を知ってるせいもあるかと思いますが、個人的に「変える」「世界」「グローバル」「全員経営」という言葉にワクワクしました。ただ単に目新しいものを作るのではなく、「常識を変え、それ自身が新たな常識となるようなファッションを作ろう!」という意気込みが感じられます。


BEAMS
僕自身はあまり買い物はしないのですが、お店に入るといつもワクワクするBEAMS。
BIG MINOR SPIRIT
GLOBAL EYE
LIFESTYLE CREATOR
ひとつひとつの言葉に力があり、強い意思を感じます。「BIG MINOR SPIRIT」はまさにBEAMSらしい言葉です。
企業理念 - BEAMS


ほぼ日刊イトイ新聞
イトイ新聞の場合。企業理念ぽいものはありませんが、「イトイ新聞とは何ぞや」という文章のところにはこう書かれています。
「糸井重里が主宰する、
 インターネットで毎日お送りする、
 ちょっとほかにはない、たのしい新聞」、
それが「ほぼ日刊イトイ新聞」です。
キーワードは「たのしい」と「新聞」。雑誌ではなく、新しい時代のメディアでもなく、新感覚でもない「新聞」。この「新聞」というところに糸井重里さんらしさが表れています。一流のコピーライターは言葉づかいがすごいのではなく、その背景にあるアイデア、世界観がすごい(そして言葉はそれを表現するための道具の)ような気がします。
ほぼ日刊イトイ新聞について - ほぼ日刊イトイ新聞


沖縄教育出版
「社憲」と「企業理念」という2つのものが掲げられています。
社憲
全員主役の感動創造企業
感謝・恩返し・そしてお役立ち
I am OK!
You are OK!
We are OK!
企業理念
私たちは、地球上に住むすべての人々が健康で平和に暮らせる社会をつくるため、みんなで力をあわせて、働きがいのある楽しい職場環境を作り、お役立ちの喜びを実践しています。
社員や働く仲間に対する思いのようなものが感じられます。この企業理念を読んで「よいモノは良い職場からしか生まれない」という言葉が頭に思い浮かびました。良い場を作って、良いモノを生み出して、人々の幸せに貢献する、実践はなかなか難しいですが、先に場を作り、次にモノを作る――本来あるべき順番はこうだと思います。余談ですが沖縄教育出版はネットラジオも公開されています。
理念 - 株式会社沖縄教育出版


関西スーパー
僕がいま一番よく利用するスーパー「関西スーパー」の場合。経営理念と社是が掲げられています。
経営理念
普段の食生活をより豊にすることにより、地域のお客様から信頼を得、社会に貢献する。
・いつも、暮らしの近くにいます
・生鮮3品と惣菜は私たちのブランド品です
・“とれたて”と“旬”のおいしさを毎日
・おいしさに、確かな安心を添えて
・価格も味わいもうれしいお惣菜
・ひとつひとつの売り場に自信と誇りを持って
社是
「誠実と努力」
(そのお店やスタッフによってちがうかとは思いますが)うちの近所にある関西スーパーではいつも気持ちよく買い物することができるので、この社是がかかげられていることには納得です。
経営理念 - 関西スーパー


・・・以上です。

どの会社の理念にもそれぞれの個性が強く表れていて面白かったです。

人が働く意味というのは、「なぜ?」を突き詰めていくと最後には何も残らないタマネギのようなものだと思います。だからこそ、人はときに「なぜ働かなくてはならないんだろう?」と疑問を感じるわけですが、そこには普遍的な答えはありません。最終的には一人ひとりの人間が自分でその答えを作るしかないと思うのですが、そのときに助けになるのが創業者や代表が決めた会社の理念やビジョンなのかな、と思いました。何事にも先達はあらまほしきことなり。

0 件のコメント: