2011/03/22

プロフェッショナル・オーガナイザー(Professional Organizer)についてのまとめ

興味がありこの度「プロフェッショナル・オーガナイザー」というもの(職業)について調べていました。そのまとめをここに残しておきたいと思います。


プロフェッショナルオーガナイザーとは
空間や時間、思考(ひいては人生全体)の整理のお手伝いをする仕事。アメリカで確立された、比較的新しい職業のようです。「整理する」「まとめる」「体系化する」といった意味を持つ「organize」にrがつき、その前にprofessionalが付いています。

英語のWikipediaには次のように説明されています。
Professional organizing is an industry that has been developed in order to help individuals and businesses design systems and processes using organizing principles and through transferring skills. Professional organizers aim to help individuals and businesses take control of their surroundings, their time, their paper, and their systems for life.
(意訳)
プロフェッショナル・オーガナイズという仕事は、オーガナイズ(整理)の原則とスキルを使って、個人や法人の仕組み作り、プロセス作りをお手伝いするお仕事です。プロフェッショナル・オーガナイザーは、個人や法人を対象に、環境や時間、書類、仕組みなどをうまくコントロールするためのサポートを行います。



プロフェッショナル・オーガナイザーのスコープ
プロフェッショナルオーガナイズの対象エリアとしては、次のようなものが含まれているそうです。
サブカテゴリ
収納/押入れ
クローゼット
ガレージ
キッチン
オフィス
会計/家計簿
ファイナンス/資産管理
情報
引越し
本の整理
書類とファイルの管理
料理のプラン
掃除
時間管理
ストレスマネジメント
健康の管理
お金の節約
季節のTIPS
子供の習慣付け
オフィスの整理

これを見るかぎり、「プロフェッショナル・オーガナイザーはこういうもの」と決められた仕事の形があるわけではなく、さまざまなものの「整理」をサポートする仕事をひっくるめてプロフェッショナル・オーガナイザーと呼んでいるようです。「暮らしの手伝い屋」といったイメージでしょうか。


感想
モノと情報の生産力が過剰になった今、こういった職業に対するニーズは今後ますます高まってくるものと思います。

さらに言うと、これからのモノと情報があふれた世界において、1)モノや情報をセレクトし編集して提供する「キュレーター」という仕事、2)人がすでに手に入れたモノや情報を整理し直す「オーガナイザー」という仕事、3)モノを持つ人と欲する人をマッチングする仕事(呼び方がわかりません…)、この3つの役割を担う人々が、これからの10年で出現してくるのかなと思います。


このあたりについてはもう少し深掘りしたいので、引き続き調べてみます。


参考にさせていただきました(英語)
Professisonal organizing - Wikipedia
Become a Professional Organizer - About.com
National Association of Professional Organizers
CPO(Certifired Professional Organizer)
professional organizer career information professional organizer qualifications


参考にさせていただきました(日本語)
アメリカでオーガナイザーが職業として確立した経緯 - ライフオーガナイズ~「捨てる」からはじめない心地いい暮らし

0 件のコメント: