2011/02/28

zenhabits流人生を変える3ステップ



このブログで何度も取り上げているzenhabitsに「Create Time to Change Your Life」というエントリがありました。

僕がそこから学んだ内容をここにまとめておきたいと思います。シンプルなステップですが、王道で奥が深い。

全部で3ステップです(僕なりのまとめなのでオリジナルのものとは表現が異なります)。


人生を変える3ステップ
ステップ1 必ず変えるんだという決意をする
ステップ2 変化を起こすための余白を作る
ステップ3 さらに効率化する


ステップ1 必ず変えるんだという決意をする
スタート地点は、マインドを変えるところから。

原文では「you must make a commitment」という表現が使われていて、「必ず変えるんだという決意」「変えたい思い」という感じのニュアンスだと思います。

本人が自分自身が変えることを心の底から望み、他のどんなことよりも優先度が高いと感じていないと、大きな変化は起こせません。また、その思いが長続きするように、リマインド、リフレッシュされる仕組み作りもここでしておくのがいいかと思います。


ステップ2 変化を起こすための余白を作る
これまでの習慣を継続したままでは、変化を起こす余裕がありません。だから、まずは少しだけ時間に余白を作ります。

著者のレオは
・テレビの時間を減らす
・雑多な情報を読む時間を減らす
・出かける時間を減らす
・早起きする
などをやったそうです。

僕の場合を振り返ってみると
・テレビの時間を減らす
・生活動線の改善のためにモノを減らす
・趣味を減らす
・食事の時間を減らす
・睡眠時間を減らす
ということをやりました。前者3つはある程度うまく行ったのですが、後者2つ「食事」「睡眠」を減らすというのはうまく行きませんでした。睡眠時間については、「生活をただすことで、結果的に健康なまま睡眠が少なくなる」ということはあるが、「睡眠をムリヤリ削ろうとしてどうにかなるものではない」という結論に至りました。


ステップ3 さらに効率化する
ステップ2までで少しずつ余裕が出てきたら、変えたいと思っている習慣を1つずつ順番に変えていきます。

レオの場合はこんなところを意識して変えていったようです。
・お金の支払いなどを自動化する
・用事を効率化する
・働く時間を減らす
・「NO」を言う


・・・以上です。


もし無事にステップ3まで行けたならその時点ですでに人生は大きく様変わりしているかと思うのですが、実際は、誘惑や想定外のことで、なかなかうまくは行かないものです。。

でも、やる価値はあると思います。今年はこのあたりのことを実践中です。

0 件のコメント: