2011/01/18

英語を勉強するときに最も良かった3つのサイト

先日「英語勉強のツールと仕組み化(音・語彙編)」というエントリを書いたまま、その後のことを書けていませんでした。。

英語の勉強は、今も続けています。

毎日朝晩にやっていて、ならすと一日平均40分ほどは英語を読む&聞くということを習慣としてやっています(書く&話す練習は読む&聞くがもう少しきちんとできてからやるべきだと思っているので、まだ手を付けていません)。勉強は今のところ順調で、少しずつですが着実に上達しているかと思います。

今回は、直近2ヶ月間に利用した英語サイトの中で最も良かったものをご紹介します。いずれも、僕が目からウロコとなった非常に良いサイトですので、英語の独学に興味のある方にぜひ一読いたければと思います。


サイト1 英語上達完全マップ

英語上達完全マップ
森沢洋介さんの「英語上達完全マップ」。
まさにタイトルのとおり、英語上達の「地図」が手に入るサイト。「そもそも、英語を勉強するとはどういうことなのか?」「実際、勉強によってどれくらいの英語力を身につけることができるのか?」あたりのことを学ぶことができます。英語の旅に出かける前にまず地図を手に入れる、という意味ではここが一番でした。


サイト2 Fluent in 3 Months

Fluent in 3 months
中身は英語ですが、要は「3ヶ月で1つの言語をしゃべれるようになろう!」という趣旨のサイト。
すごいのは、(おそらく)「現地の人とちょっとしたコミュニケーションが取れるようになる」というところに的を絞って、その目的のためだけに邁進しているところです。本当に、3ヶ月で1つの外国語を覚えるくらいの勢いでやっているみたいです。。「やり方を工夫して、本当に本気になって取り組めば、外国語は実は案外短期間で習得できる」ということがわかります。私は、(私のような)なかなか英語が身につかない人はまずは英語に対するメンタルブロックを外す必要がある、ということに気づかされました。「外国語を勉強するために旅行に行く」のではなく「旅行に行くために外国語を勉強しよう」、というのは至言だと思います。


サイト3 英語・発音・語彙/英語耳

英語・発音・語彙/英語耳
書籍+CDの「英語耳」シリーズの松澤喜好さんのサイト。
書籍+CDの「英語耳」と同じく、このサイトも非常に充実しています。ここでは主に、「Speaking」「Listening」「Reading」「Writing」の4つのカテゴリに分けて「英語がうまくなるとは一体どういうことなのか」を学ぶことができます。「英語上達完全マップ」と併せて読むことで、英語の勉強に対する認識をさらに深めることができます。ザッと読んでわかったつもりになるのではなく、1時間かかっても2時間かかってもいいので、ここに書いてあることをゆっくりじっくり読んで腹落ちさせるのがよいかと思います。


…以上です。


この2ヶ月で学んだこと。
大人になってから英語を勉強する場合、時間があり余っているわけではありません(子供ももちろんそうだとは思いますが、大人は特に)。ですので、まず最初にやるべきことは、英語に対する「正しい認識」を持つこと、そして正しい勉強法を選ぶことなのだと思いました。がんばろ。

0 件のコメント: