2010/11/23

英語の勉強を始めます(TOEIC800点ラインに向けて)



思い立って、英語の勉強を始めることにしました。

学生時代に10年近く英語を勉強してきたのですが、いまは残念ながら、簡単な文章だったらそれなりに読めるものの、
・ゆっくりでないとしゃべれない
・リアルタイムの双方向の会話はムリ
・ビジネスの実務に使うなんてとんでもない・・・
というレベルです。。

これをもうちょっと上の水準に持っていきたいと思い、短期集中で頑張ることにしました。「やるからには目標は高く!」とは思うのですが、小刻みのステップがないとモチベーションを落としてしまいそうなので、、そのあたりも考慮しつつ、自分なりのプログラムを組んでいきたいと思います。


動機は次の2つです。

動機その1 キャリアの幅を広げたい
僕のビジネスキャリアは、少なくてあと数十年、場合によってはあと50年くらいは続くかと思います。そう考えたとき、21世紀のマクロ環境的に、英語ができないととてももったいないことになる。。英語ができるようになると、
1. 情報源
2. ビジネスチャンス  ※ビジネス市場/個人のワークプレイスの両面で
3. 人的ネットワーク
が日本語圏だけでやってるよりも大幅に広がるかなと。現状、英語を使わない職場でのほほんとやってしまっていたのですが、大きな視点(時間軸的に)で見ると、絶対やるべき、自分!と思いました。
ここに関しては、
・「必要なときに通訳通せばいいじゃん」
・「技術の進歩でリアルタイム翻訳が実現するのは時間の問題だから、それを待てばいいじゃん」
という反論もあるかと思います。いやいやそれじゃダメなんです、というのがこの次の動機2になります。

動機その2 英語世界のニュアンスを楽しめるようになりたい
youtubeや映画を見ていると、英語のコンテンツは膨大にあります。つい最近ではハーバード大学のマイケル・サンデル教授のjusticeという講義が日本で話題になったりもしました。
こういう豊富な英語コンテンツがほぼ無料で手に入るようになった今、僕は、この先進国日本において、
・PCがある
・時間もある
・お金もある
・そのコンテンツにリーチできる
という非常に恵まれた環境にありながら、それをやっていません。もったいない。グズグズしているうちにやるチャンスが本当に無くなるかも、、という懸念も少しあります。10年後に今と同じ時間の使い方はできそうにない。なので、単純に、このままだと、数十年経った後にきっと後悔すると思います。

思い立ったが吉日!


見通し
いま、英語の勉強のゴールとプランを考え中です。まだできあがっていませんが、現状は

ゴール
短期でSMARTな目標を設定するつもりです。

プラン
文法、語彙、聞き取り、読み、発音などに分けて、ステップ刻むつもりです。

という感じです。これも、まずは進めてみないとどうなるかわからないですかね。


現段階では、非常に体系的で充実した「英語上達完全マップ」というサイトやそれを実際に使って半年あまりでTOIECスコアを600点上げたという「英語上達完全マップを10ヶ月やってみた」、慶応の奥出先生の「博士課程における英語力は独学で鍛える」というエントリあたりを参考にさせていただくつもりです。



基本的に、こういう宣言はここには書かない方針なのですが、実験的にやってみた進捗の報告ができればと思います。

がんばろー。

0 件のコメント: