2010/10/30

普遍的に役立つ「分析する力」



原理原則は何か?」「本質はどこか?」という意識をもって勉強系の本を読んでいると、どんな分野においても必ず「分析する力」が重要だということが主張されていることに気付きます。

分析する力…
言葉そのまま、現状を分析する力。
現状の全体像と詳細の両方を正確に認識し、感度の良い切り口をもって適切なスコープで整理する力。また、そこから重要なポイントを抽出する力。

最近僕が勉強した分野、勉強中の分野としては次のようなものがあります。
・行動分析学(Behavioral Aanalysis)
・組織行動学(Organizational Behavior)
・キャリア論
・マーケティングリサーチ
・ソーシャルマーケティング
・ドラッカー
・プロジェクト管理
・IT戦略
・登山
・ボルダリング
※ちょろっとしかやってないものも含めて……

分野や著者によって言い方は異なるのですが、これらの分野のいずれにおいても「まずはきちんと現状・文脈を認識すること(分析する力)が大切!」ということが共通して言われています。耳ダコです。でも、それだけ大事なんだな、と思います。

去年のあるエントリの中で
日本の自動車メーカでカーデザイナーをしていたある先生なんかは
「雑然としたものを整然とさせること。実はそのことだけで仕事のほとんどは出来上がる」
とおっしゃってました。

ということを書いたのですが、これも、この「分析する力」のことを言ってるのだと思います。

人生の最大の原則のひとつは、「時間」の原則:

「時間は平等で有限。時間の使い方がその人を作る。」

だと思うのですが、「分析する力が大切」というのもこれと同等の重要な原則のような気がします。
(その他の人生の最大の原則は、「愛」や「受け入れること」に関するものでしょうか)

……とはいえ、分析を大切にすることが簡単なわけではありません。「現状の全体像と詳細の両方を正確に認識し、感度の良い切り口をもって適切なスコープで整理する」ことからは有形のアウトプットは出ないため、どうしても達成感が低い&周りからの評価も得られません。。そのため、この部分に力をかける動機は実際、なかなか働きません。。自分の行動を振り返っても、周りの人たちを見ていても、この分析を軽視しがちorやりたがらない傾向にあるように思えます。地味で単調な仕事、として。

でも、最近特に、どんな分野においても必ず役立つことは確実っぽいなと思います。がんばって鍛えよう。


…分析する力というお話でした。

0 件のコメント: