2010/09/29

シンプリシティに関する言葉や尺度



情報量と購買能力と選択肢が過剰にある時代には、あらゆるコミュニケーションとプランニングの場において「複雑なものをシンプルにすること」「雑然を整然に変えること」――いわゆるシンプリシティ(simplicity)を生み出す力の必要性が高まってくるかと思います。

その「シンプリシティ」というものに関して、いくつか面白いものがあるのでピックアップしました。


シンプリシティに関する言葉 … オッカムの剃刀(Ockham's razor)
「ある事柄を説明するのに使う要素は可能なかぎり少なくするべきである」という心構えを表す言葉。僕の認識では、ものごとのエッセンスをなるべくそぎ落とした上で「原理原則」に落とし込むべきということかなと捉えています。エッセンスを抽出する力、抽象化する力というものに目を向けるために便利な言葉です。
詳しくはこちら。
オッカムの剃刀 - Wikipedia


シンプリシティに関する尺度 … SN比
有意な情報と無意な情報を分け、前者をS(Signal)、後者をN(Noise)として、その比率を表現した尺度。シンプリシティというのはひとつには、そこに含まれるノイズの量に依存するという認識で見ると、これもひとつのシンプリシティに関する尺度になります。用語としては、情報工学あたりの言葉のようです。
このSN比については「メディアの質を決めるSN比」というタイトルで同様のことを書いています。


シンプリシティに関するサイト
The Laws of Simplicity
ロードアイランドの学長を務めるジョン・マエダ氏の「シンプリシティの法則」のサイト。



ちなみにジョン・マエダ氏についてはこちらが詳しいです。
John Maeda - Wikipedia(英語)


「シンプリシティを生み出す力」に関しては今後ますます価値が高まるだろうと思いますし、個人的に面白いなぁとも思うので、少しずつ探求を深めていきたいと思います。


追記
ジョン・マエダ氏が書いた「シンプリシティの法則」という本もあります。よろしければこちらもご覧ください。

0 件のコメント: