2010/08/02

ARKさんを訪問して感じたこと



大阪は能勢町にあるアニマルレフュージ関西さん(通称ARKさん)のシェルターにお邪魔してきました。

ARKさんは、主に犬猫の保護活動をされているNPO団体です。詳しくはこちら。
アニマルレフュージ関西(ARK)
以前このブログでも、ARKさんがサイトリニューアルをされたことについてちょろっと書いたことがあります。





……それはさておき。
今回は何かお役に立てることはないかと思って訪問したのですが、施設のつくりやARKさんのポリシーについてスタッフの方に丁寧に説明していただき、むしろお邪魔をしてしまった方が大きいんじゃないか、、という気がしました。

お手伝いとして犬たちの散歩もさせていただきましたが、それだけではARKさんにとっては割に合わないような気が。。ですので、今後ぜひ2回、3回目と行き、今回のお返しをできるようにしたいと思います。

今回ARKさんに行って感じたことを箇条書きで。

世の中には、自分以外のためにこんなにがんばれる人がいる。
代表のオリバーさんも、スタッフの方々もボランティアの方々も、真夏の暑い中、だるそうな顔もせず、犬猫にやさしい。人にもやさしい。笑顔。素朴に、すごいと思います。頭が下がります。この人たちを見ると、背筋が伸びます。「自分にごほうび」とかやってる場合じゃないわ。。

犬・猫はたくましい。
ARKさんに来るような犬猫はみんな、小さい頃に親兄弟から引き離され、そして家族からも捨てられてここに来てます。なのに、散歩のときには楽しそうにはしゃぐし、人に仕返しをしたりもしない。知性とたくましさ(やさしさ?)は別なんだなぁと。犬猫から学ぶべきことはたくさんあります。なんか、すごい。

認知が拡大する仕組みとボランティアをしやすい仕組みが必要。
これは今後の話。ARKさんのような活動がより大きな成果を出せるようになるには、認知拡大の仕組みとボランティアをしやすくする仕組みが必要かと思います。NPO団体が宣伝広告するにも限度があるし、フルコミットできるボランティアの人数にも限りがあるので、そういう部分をうまく解決しないと。個人的には、僕はこのあたりで貢献できるんじゃないかと思ってます。これについては、継続的に考えます。


……とにかく、お手伝いのつもりで行ったらむしろエネルギーをいただいて帰ってきてしまいました。すばらしいです。ARKのみなさん、ありがとうございました。がんばろ。



0 件のコメント: