2010/07/03

Thunderbirdがうまく起動しなくなったときの2段階の対処方法


Thunderbirdのバージョンを3.0.x→3.1に更新したら、Thunderbirdがうまく起動しなくなってしまいました。。。

最終的には無事問題なく解決したのですが、この辺りの知識が浅い僕にとってはかなりハラハラする一件でした。今後も同じことが起こるかもしれないのでまずは自分のために、そして、僕と同じ境遇になった誰かのためにも役立つんではないかと思うのでその誰かのために。対処法をメモ。


まずは問題の認識から。

今回発生した問題
Thunderbirdのバージョンを更新(3.0.x→3.1)したら、うまく起動しなくなりました。具体的には、起動しようとすると次の画面が出るだけで、どんな操作も受け付けません。。


↑表示されるメッセージは赤字で「window id="~"」。また、一緒に使ってるブラウザfirefoxも影響を受けてしまい、同様の画面が出て起動しなくなってしまいました↓



背景(環境)
OSは、Windows XP Professional。Service Pack 3。
更新前のThunderbirdのバージョンは3.0.x(xの部分は覚えていません…)。更新後は3.1。
問題発生時にThunderbirdに入れていたアドオンは、「Stylish」一本(cssフォーマットでThunderbirdの見た目をカスタマイズするアドオンです)。他には、デフォルト以外のテーマを2つ入れた状態でした。


対策
こういうエラーが発生したときには、2段階で対処するのが良いみたいです。まず手間的に簡単にできて影響範囲が小さい対処法をやってみて、それでもダメなら2段階目に進む、という感じです。小→大のトライアル&エラーですね。僕の場合は1ではダメだったので2までやりました。
1. セーフモードで起動する。
「すべてのプログラム」の中にある「Thunderbird(セーフモード)」を選択。無事通常の形で起動できたら、あやしいアドオンをすべて無効にしてThunderbirdをなるべくオーガニックな状態にしてから再起動します。これで無事解決したら終了。ダメなら2へ進む。
2. 一度Thunderbirdアンインストールしてインストールし直す。
一度きれいにアンインストールしてしまって、ゼロからインストールし直します。一般にそうなのかどうかわかりませんが、僕の場合はインストールし直しても過去のメールやメールサーバ設定など(プロファイル情報一式)はそのまま残っていました。でも、なくなった場合悲劇なので、アンインストールする前には関連ファイルはバックアップしておくことをおすすめします。


問題の原因(仮説)
今回のところは結局Thunderbirdをまるごとアンインストールしてインストールし直したため、問題の真の原因はわからずじまいでした。
ただ、表示されるメッセージ「window id ="~"」と「Thunderbird」とで検索してネット上の情報を色々見てみて僕が認識できたかぎりでは、原因は「Stylish」だった可能性が高そうです。厳密な真偽はわかりませんが、次の2点からどうやらそうかなと。
1. 僕はThunderbirdのアドオンとしてはStylishひとつしか入れていなかった
2. StylishはThunderbird 3.1に対応していない(2010年7月3日時点)


……
手短に書くつもりが長くなってしまいました。。ごちゃごちゃ書いてますが、要は
1) まずは「セーフモード」→それでもダメなら「再インストール」がいいらしい
2) プロファイルは一度アンインストールしても残ってる(今回の僕の場合は…)

ということでした。

0 件のコメント: