2010/07/11

よく生きるためにすべきたった2つのこと



どうすることが「よく生きる」ことになるかは、環境や人によって異なるかと思います。その前提を踏まえた上で、でも、よく生きるための大原則は普遍的なものだよなぁと思うので、メモ。


よく生きるためにやるべきことは、たった2つです。

1.人生に良い目的とポリシーを持つ(FOR WHAT)
2.1の目的とポリシーに沿った行動をする(WHAT)


1.人生に良い目的とポリシーを持つ(FOR WHAT)
生きているうちに達成したいこと、自分の人生を使って生み出したい価値、どういう人の幸せに貢献したいのか、をまず自分で明確にする。

2.1の目的とポリシーに沿った行動をする(WHAT)
その上で、その目的とポリシーに整合したふるまいを常に心がけ、実際に行動します。それを習慣付けて、目的とポリシーに沿った行動ができる頻度を高めていきます。


…ということで、よく生きるためには、良い目的とポリシーを持つこと、そしてそれに沿った行動を取ること。大づかみにまとめてしまうと、たったそれだけ。なはず。

「良い目的とポリシーとはどういうものなのか?」ということについては、一人ひとりが自分で考えるしかありませんが、やるべきことはシンプル。でも、シンプル=簡単とは行かないから厄介です。。


今の僕は一度「これだ!」というものに出会っても、何かあるとすぐにその確信が揺らいでしまって、また違う考え方を持ってしまいます。でも、「よく生きる」の方向に向かう意思と努力を継続的に続けていけば、いつか辿り着けるはずだとも思います。多くの先人がそこに辿り着いて、様々な境遇のそれぞれの人生の中ですばらしい仕事をなしとげてるから。

がんばろ。

0 件のコメント: