2010/06/16

工夫と経験の末に得られるアサーティブネス

アサーティブネス」という概念があります。

厳密な定義はわからないのですが、、、ばっくりとした意味合いしては、「相手も自分も生かすコミュニケーション」というような意味を持つ言葉のようです。


相手の満足と自分の満足、という2つの軸でコミュニケーションを分類すると、次の4つに分けることができます。
・相手を抑え、自分も抑えるコミュニケーション
・相手を抑え、自分を生かすコミュニケーション
・相手を生かし、自分を抑えるコミュニケーション
・相手を生かし、自分も生かすコミュニケーション

この分類で言うと、この4つめ「相手を生かし、自分も生かすコミュニケーション」がここで言う「アサーティブネス」の位置付けにあたります。アサーティブネスについてもうちょっと長く説明すると、

相手を不快にさせず、自分に嘘はつかず、双方が理解・納得した状態を目指すコミュニケーション。相手を理解し、自分を理解してもらい、共感を伴って行うコミュニケーション

と言うことができるかなと思います。

実際には、「アサーティブなコミュニケーションを心がけよう!」といった使い方をしたりするみたいです。


このアサーティブネスということについて最近つくづく思うことがあります。それは、アサーティブネスは工夫と体験の積み重ねの末にしか獲得することができない、ということです。
これに関しては、僕の周りの人たちを見るかぎり、例外はありません。生まれつき高いアサーティブネスを身につけている人はいなくて、「意思が強い人」というのはしばしば自分を通すために相手を抑えつけ、「物腰が柔らかい人」は場を収めるために自分を抑えがちです。アサーティブな態度を身につけている人は例外なく、自身の体験としてイロイロ経験を積んだ人だけです。

厳しいコミュニケーション体験がないとアサーティブネスを学ぶことはできないし、場数だけいくらたくさん踏んでも「工夫」がなければ学ぶことができないし。逆に言えば、厳しいコミュニケーション体験は、それを糧にしたい意識と工夫さえあれば、確実に人のチカラに変わります。そう思うと、人との衝突や辛い体験に遭遇したときには、「これは自分の人間としての成長に欠かせないものだ」として、少しおおらかに受け入れることができます。


…と言いつつも、実際にその体験が続いてるときには、しんどくて嫌になるんですが。。


厳しい体験をした人だけが得られるアサーティブネス、というお話でした。


追記20100616
そもそもアサーティブが厳密にはどういう意味なのか知りたくて、英語のwikipediaにあたってみました。「アサーティブネス」の項には次のように書かれていました。

As a communication style and strategy, assertiveness is distinguished from aggression and passivity.
(意訳)コミュニケーションのスタイルや戦略として、アサーティブネスは「aggression」や「passivity」と区別されます。

An assertive style of behavior is to interact with people while standing up for your rights. Being assertive is to one's benefit most of the time but it does not mean that one always gets what he/she wants. The result of being assertive is that
1. You feel good about yourself
2. Other people know how to deal with you and there is nothing vague about dealing with you.
(意訳)アサーティブなふるまい方というのは、「自分の権利を守りながら他人と接する」というやり方です。アサーティブネスを身につけることはほとんどの場面で本人の役に立ちますが、必ずしも常に欲しいものを得られるようになるわけではありません。アサーティブネスを身につけることによって達成できるのは
1. 自己評価がよくなる
2. 周りの人たちが、あなたにどう接すればいいのかがわかる
といったことです。


Assertiveness - Wikipedia, the free encyclopedia

0 件のコメント: