2010/04/17

フレームワーク:ジョハリの窓

「ジョハリの窓」は自己認識のためのフレームワークで、個人が持つさまざまな特徴(価値観や性格、癖、強み、弱みなど)を次の2つの軸で分類しようというものです。
・自分が認識しているかどうか
・他人に認識されているかどうか

これによると、すべての特徴はMECEに次の4つのグループのいずれかに属します。
・自分も他人も認識している特徴
・自分は認識しているが他人には認識されていない特徴
・自分では認識していないが他人からは認識されている特徴
・自分も他人も認識していない特徴

このフレームワークで整理することによって、
・主観と客観、両方の視点を取り入れた自己認識ができる
・自分の知らない自分を知る
・他人に伝えられていない自分の特徴を知る、
と大変便利です。

元々は個人の自己認識のためのフレームワークらしいのですが、ブランドマネージャーがパーソナリティを持ったブランドの評価をするときにも使えるフレームワークです。

0 件のコメント: