2010/04/15

犬と猫と人間とがいっしょに生きることについて考える映画

映画:犬と猫と人間と
犬と猫と人間と

犬や猫と私たち人間が「いっしょに生きる」ということについて考えるきっかけをくれる映画です。一本の映画の中で、いろんなお話が出てきます。

・愛護センターでの犬猫の殺処分のこと。
・民間の保護団体のこと。
・リホームのこと。
・人が犬や猫を捨てる理由。
・犬や猫の販売方法のこと。
・ブリーディングのこと。
・避妊・去勢のこと。
・しつけのこと。

そして、
・犬や猫を思う人々。
・懸命に生き、人間を信じて、人間を愛する犬や猫たち。

押しつけがましい「答え」のようなことはこの映画は提示していません。この映画が提供するのは、単なる事実の羅列と、監督一個人の雑感だけです。

でも、その中には、
「考えるのは一人ひとりです。」
「結局、一人ひとりが考えないと、あるべき姿にはならないんじゃないかな。」
そんなメッセージがこめられているんじゃないかと思います。

犬と猫が好きな人にも、せいいっぱい何かのために生きることを目指す人にも。ぜひ見ていただきたい映画です。

0 件のコメント: