2010/03/27

ビジョンを見失ったときにやるべきこと



日々の仕事や生活の些事にまみれるうちに、掲げていたビジョンが見えなくなることがあります。どんなにきちんと立てた計画でも、うまく行かなくなるときがやってきます。

掲げたビジョンや目標が大きなものであればあるほど、そういう瞬間がやってくる可能性は高くなります。

でも、そんな瞬間が来ること自体は問題ではありません。大事なのは「ビジョンを見失わないこと」ではなく、ビジョンを見失い、計画から外れたときにも本来目指していたところを思い出し「進むべきルートに復帰すること」です。「転んでもいいから、起き上がれる」――そういう力を備えていれば、いつかはビジョンを達成できる日がやってきます。

じゃあ、ビジョンを見失ったときにやることとして、具体的にどうやれば取り戻せるのか? 答えはシンプルで、「リラックスすること」。これに尽きます。そして、ちゃんと時間を取って「自分が好きなことを色々とやってみること」です。

リラックするときには、心と身体、両方をリラックスさせる必要があります。心――心の片隅に引っかかっていることがあれば正面から向き合う。身体――体調が悪いならまず体調を戻す、調子の悪い部分があったら治療する。十分な睡眠と食事とコミュニケーションを取る。

心も身体も特に目立った問題がないのにどうも調子が上がらないというときは、僕の場合は「無心でできること」をやるようにしています。頭がからっぽになってスッキリできるからです。シンプルなスポーツ、部屋の掃除、洗濯、前月やったことの振り返り、等々。

そうこうしているうちに、まるで水が湧き出てくるように、また元々掲げていたビジョンが輝きを持って自分の中心に戻ってきます。

こういうようなうねり――自分がビジョンを見失ったり取り戻したりしている状況全体を一歩引いて俯瞰できるようになると、それが出来なかったときよりも毎日がちょこっと楽しくなってきます。

ビジョンを見失ったら、リラックスしよう。リラックスするためには「自分は何をすればリラックスできるのか?」を知ることが大切。そこに一般解はないので、自分なりのリラックス方法を。

シンプルですが、まずは「リラックス」。

0 件のコメント: