2010/03/05

テレビのない暮らしのメリットデメリット

最近テレビのない暮らしをしています。

去年の暮れに学生時代から使っていたテレビを捨ててそれ以後新しいのを買っていないので、テレビのない暮らし5ヶ月目に突入しました。

「テレビを断ち切る!」という強い意気込みでこの暮らしを始めたわけではありませんが、数年来の僕の小さな夢のひとつがこの「テレビのない暮らし」だったので、それを実現すべくあえて今回新しいテレビを買いませんでした。テレビのない暮らしに憧れた理由は単純で、1)人がおすすめしていた、2)旅行やキャンプに行った日の夜はテレビがなく快適でそれを毎日味わいたかった、です。深い意味はありません。

始めてみるまでは、テレビのない暮らしにはストイックなイメージが強くあったのですが、いざ実際にやってみるとこれがまた、なかなか快適です。でも、デメリットもあります。…これまでの5ヶ月で得た発見、感じたことをメリット・デメリットに分けてメモってみます。

テレビのない暮らしのメリット
・電気代がうく
・部屋が少し広くなる(ブラウン管の場合は特に)
・目の疲れが和らぐ(毎日PC作業をする場合は特に)
・睡眠の質が上がる(寝る前に見なくなるので)
・時間に余裕ができる(実は結構長い時間テレビを見ていたことに気付きました…)
・心にも余裕ができる(…ような気がする)
・落ち着いてゆっくり考え事ができる(夢やビジョンのこと、周りの人のこと、緊急度が低くて重要度の高いこと、その他普段なかなか考えられないこと)
・自発的・精力的に活動する力が鍛えられる(暇なときにも「とりあえずテレビを見る」ができないから。行動力が上がった気がします。)
・読書や勉強がはかどる

テレビのない暮らしのデメリット
・気分が滅入る(部屋がどんよりするときがあります。テレビを捨てた直後の2〜3週間は特に注意が必要です。)
・ランチの話題に着いていけない(ドラマやお笑い、ドキュメンタリーの話など)
・マス向けの新しい製品やサービスに疎くなる(CMが見れないので。一方で、主要なニュースや天気予報等は携帯やPCで十分拾えるので問題ありません。)
・オリンピックやスポーツが見れない(人が頑張ってる姿をダイナミックに見ることができません)
・人が遊びに来たときに手持ち無沙汰になることもある

他にもあるかもしれませんが今パッと出たのはこれだけです。テレビありの暮らしと比較して、メリットもあればデメリットもある、という感じです。テレビがある暮らしもそれはそれでいいですが、テレビのない暮らしにも体験してみないと実感できないイイところがあります。

……という感じで以上です。もしまた新たな発見が出てきたらメモを残したいと思います。

テレビのない暮らしがしたかったり興味があったりするけれど「あと一歩が踏み出せない」。そんな方の後押しにこのメモがなれば幸いです。

テレビのない暮らしを、ぜひより多くの人に体験してもらえればと思います。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

こんにちは、今ちょうどテレビを買い取り業者に売ろうと思っているのですが、その反面、勇気がなくてネットで検索してこちらに来ました。メリット・デメリットともにうなずける内容です。まだ決断できないけれど、十分参考にして自分なりの答えを出したいと思います。ありがとうございました。

ゴトウハヤト さんのコメント...

こんにちは。そうなんですね!ご丁寧にコメントいただきありがとうございます。

そうですね、いきなり手放してしまうと「やっぱりあった方がいいな」と思ったときに困りますので・・・一度どこかに収納してテレビのない形で不都合がないかどうかトライアル期間を設けてみられてもよいかもしれません。僕の場合はメリットが大きく「無い方がいい」と実感していますが、あったらあったで便利なこともあるかと思いますので、ぜひ慎重に検討されてみてください!