2010/03/03

クリティカルシンキングについて1


これから複数回にわたって「クリティカルシンキング」について考えてみたいと思います。

クリティカルシンキングについて考えたいと思ったのは、クリティカルシンキングの威力・魅力を人にうまく伝えられなかったからです。なんとなく伝えることはできたのですが、その話の内容を自分で振り返ってみてどうもしっくり来ないので、自分なりの捉え方をまとめてみたいと思います。

内容に入る前に、僕のステータスを書いておきます。
・クリティカルシンキング研修を受けたことがある(2年とちょっと前)
・クリティカルシンキングについて現在修業中
・時間がある程度あればロジカルに考えられるが、咄嗟に考えるのは苦手

まずはその定義から。僕なりの定義は次のとおりです。

クリティカルシンキング(critical thinking)とは
1.ある目的を達成するために、
2.フレームワークを使用して、
2.物事を正確に、
3.効率的に、
考えること。またそのための技術。

細かい説明は置いておくとして、次にその適用範囲を。

クリティカルシンキングの適用範囲は、「考える」ことが必要なあらゆる場面。仮説設定、分析、立案、意思決定、コミュニテーション、のいずれも含む。


まずはここまで。

0 件のコメント: