2010/02/20

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)と繋げて考える


QOL(Quality Of Life:キューオーエル)

直訳すると「生活の質」ですが、意味合いとしては「生活における心の豊かさや充実度」というようなニュアンスになるでしょうか。元々は医療現場のケアにおける言葉らしく、「患者の気持ちは二の次に、患者をあたかも機械を直すかのように治そうとしたり、寿命を無暗に長めようとしたりする医療」に対して、「医療の本来の目的は『患者自身の人生の満足度を上げること』なのだから、本人の心の満足度にもっと目を向けた医療を行おう」という提案が生まれ、その中で使われていた言葉みたいです。

僕がこのQOLという考え方を知ったのは7~8年前、きちんと受け止めるようなったのはここ最近です。僕はこの考え方が好きです。医療に限らない普遍的なものだと思いますし、人はこの考え方を知り、自分の行動に落とし込むことで、それを知らなかったときよりもよく生きることができると思います。だから、すべての一度きりの人生を生きる人にぜひ強く意識してほしいと思います。……といっても、僕自身は忙しかったりイライラしていたりしたらすぐに忘れてしまうのですが。。。

話は逸れますが、インタフェースデザインやウェブの世界で言われる「HCD(Human Cntered Design:人間中心のデザイン)」というのもQOLと非常に近いところにある考え方ですかね。

人生は有限。かけがえのない人やモノに触れられる時間も有限。だから、人生において本当に大事なことを大切に。みんなが快適なことが自分にとって快適とはかぎらないから、自分にとって快適なものを見つけよう。その場その場で楽しいこと、おかしいこと、快適なものを追求するだけでなく、立ち止まって一歩引いて「人生」という大きな視点で「本当に自分にとって価値の高いものは何か」と考え、答えが出てきたらそこに貴重な時間を費やそう。
そうやって生きることが、一人ひとりの人生の質を高めるのだと思います。


最後に、僕なりの「QOLを考えるときの視点」を。

QOL = 生活のトータルの満足度

生活のトータルの満足度を上げるために目を向けるといい場所:
・健康状態
・生活環境
・家庭
・交遊
・趣味
・財産・購買力
・仕事
・夢・ビジョン、将来の見通し


ちなみに、アジアの小国ブータンは、国をあげてQOL向上を提唱している国として有名だそうです。ブータンが提唱した指標が、GNP(国民総生産)ならぬ「GNH(Gross National Happiness:国民総幸福度)」。wikipediaのGross national happinessのページには次のように書かれています。
The concept of gross national happiness (GNH) was developed in an attempt to define an indicator that measures quality of life or social progress in more holistic and psychological terms than gross national product or GDP.

意訳:GNH(国民総幸福度)というコンセプトは、GNP(国民総生産)よりもより全体的で心理的な観点から(国民の)QOLや社会の進歩というものを測る指標を定義しようという試みから生まれました。

また、こちらもwikipediaによると、2006年にMed Jonesによって、GNHを測定するための項目として次の7つが提案されたそうです。
1. Economic Wellness(経済的な健康状態)
2. Environmental Wellness(環境の健康状態)
3. Physical Wellness(肉体的な健康状態)
4. Mental Wellness(心理的な健康状態)
5. Workplace Wellness(働き方の健康状態)
6. Social Wellness(社会的な健康状態)
7. Political Wellness(政治的な健康状態)


何を幸せに感じるかは一人ひとり違いますし、みんなが必ずしもこれらの項目すべてを考慮する必要はありません。しかし、自分や周りの人のQOLを高め、維持するときに持つべき視点のヒントとしてはこの考え方は大いに参考になるかと思います。



その他参考:QOLとは
クオリティ・オブ・ライフとは healthクリック
クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life:QOL) 医学用語解説
QOLとは はてなキーワード
QOL とは - コトバンク
QOL - All About

その他参考:ブータンが提唱する「GNH」
ブータンの「GNH(国民総幸福度)」に学ぶ発展の哲学 - 枝広がるエダヒロの視点
GNHの国ブータン研究会
Gross National Happiness Web Site(英語)

0 件のコメント: