2010/02/10

意識すべき2種類の目標

「目標」には2つの種類のものがあるようです。

ひとつは、「ある一点を目指してそこに向かっていくタイプ」の目標。もうひとつは、「毎日続けるタイプ」の目標。山登りにたとえると、前者は「いつか富士山に登る」といった目標で、後者は「1年間毎週近所の山に登りにいく」といった目標にあたります。

僕はそれぞれ、次のような呼び方で呼ぶのがしっくり来ます(いずれも原田隆史さんの考え方に基づいてます)。

1.リーチ目標
2.ルーチン目標

1.リーチ目標
文字通り、「到達」することを目指して設定する目標。徐々に積み上げていって、最終的に達成するイメージ。この目標を達成することによって強い達成感が得られ、ステージが変わる。

2.ルーチン目標
こちらも文字通り、日々のルーチンとして「継続」することを目指して設定する目標。毎日やれたとしても終わりはなく、日々意識して習慣化し、継続するイメージ。この目標を達成し続けることで高いパフォーマンスと日々の満足が得られ、目指すべき人間性の維持が可能となる。


これらのうちどちらかだけでもいいのですが、両方を持つことで、そしてそれらをリンクさせることでより目標にぐっと近づきやすくなるもののようです。

具体例はまた今度、改めて。

0 件のコメント: