2010/01/15

キャリア目標設定の仕方:キャリアモデルと+-を使う方法



夢や目標を達成するためには、まず最初にその夢なり目標なりをきちんと明確化しなくてはなりません。目標設定なくして目標の達成はありえません。登る山を決めずに山頂に行き着くことはできません。

だから、目標達成の第一歩は「目標設定」です。でもそうは言っても、実際のところはその「目標設定」(=登る山の選定)が一番難しいもの。うまく設定できずにその最初のステップで挫折してしまう、ということもよく起こりえます。

じゃあ、どうやったらうまく設定できるのか? ひとつのアプローチとして、僕の場合、たとえばこんな形で考えたら比較的スムーズに設定できました。

1.まず自分の理想像に近いキャリアモデルを考える
2.そこから色んな要素を足したり引いたりしてみる
3.最終形にまとめる。

特定の誰かを取り上げて「あの人みたいになりたい!」と他人をそのまま自分の目標にしてしまうと、自分とは異なる部分に目が行ってしまって「何か違うなぁ」と違和感を感じてしまい、どうもうまく行きません。一方で、参考とする人も何もないところからゼロベースで目標を設定するのはとても大変です。だから、その折衷案で、まずキャリアモデルを考えて、そこに色々足したり引いたりして仕上げる、という形で決めると比較的すんなりと設定することができます。イメージでいえば、

自分の目標 = モデルAさん +○○力 +××力 -△△力

という感じです。


…と手短ですが、以上、目標設定の1つの方法でした。

ここを足掛かりとして、次のステップは「より確かな目標にまとめる」に進んでいくかと思うのですが、「目標はどういう形にまとめるべきか?」というところについては「目標設定において押さえるべきポイントSMART」「目標設定において押さえるべきポイント」で述べています。そちらもよろしければぜひ。

0 件のコメント: