2009/11/07

PCの選び方(購入までのステップ)


新しいPCを購入するべく、本日量販店で実機を触りつつ色々見比べてきました。
今日のところはどれにするか決められなかったのですが、見るべきポイントはクリアになったのでここまでの学び(購入までのステップ)をメモ。今後同じところをぐるぐる堂々巡りをしないように……


PC購入までのステップ
おいそれと買い替えられるものではないので、なるべく長い間満足して愛用できるものを。そのためには、感覚での決め打ちだけでは心許ないので慎重に。おおよそ次の流れで。
1.目的・用途を押さえる
2.現在販売されているPCの全体像を知る
3.押さえたいポイント(こだわり)と前提条件を押さえる
4.候補をいくつかに絞り込む
5.1つに決める
6.購入!



1.目的・用途を押さえる
PC購入の目的、そのPCの用途を確認する。

そもそも何のためのPC?
→仕事?データ分析?スライド作成?写真や音楽?ネット?動画鑑賞?
持ち運びする?

例えば…写真や音楽、ネット。外に持ち運びもする。


2.現在販売されているPCの全体像を知る
市場にはどんなタイプのPCがあるのかを確認する。

ブランドは?
品質は?
→形態・サイズ、処理能力、記憶容量、デザイン、入出力機器、OSなど。
価格は?


3.押さえたいポイント(こだわり)と前提条件を押さえる
上記ステップ2で現在手に入るPCの種類を把握した上で、
1の目的を再確認し、押さえたいポイント(こだわり)と前提条件を押さえる。

目的を達成するために必要なことは?
目的の達成とは関係なくてこだわりたいポイントは?
(デザインやブランドの好みなど)

例えば…ブランドはappleかソニーかパナソニックか東芝かDellで。デザインは特に気にしない。予算は15~20万円。サイズは2kg前後以下。


4.候補をいくつかに絞り込む
ステップ1~3で確認した情報をすべてあわせて、購入候補を絞り込む。消去法で。
(いきなりひとつに絞り込んでしまうと、もしもそれがダメだった場合に再度候補を探す、という手戻りが必要だったり、購入直前になって「これで本当に良かったんだろうか?他にもっと良い一台があるんじゃないだろうか?」と迷ってしまったりして却ってロスが大きくなるので、いくつか候補を出しておく方がよい)


5.1つに決める
絞り込んだ候補それぞれの詳細の部分(長所・短所)を確認して、最終的に1つに決める。


6.購入!
最終的に購入する。カスタマイズオプションを選択した上で。
迷いがある場合は、特別に急いでいるのでなければ買わない。



検討初期の段階で参考にさせていただきました。
ノートパソコンの選び方 / 価格.com


※PC以外でも比較的高額のものなら購入までのステップはほぼ同じ

0 件のコメント: