2009/10/21

議論における重要ルール:PNIルール


議論をするときは、話の「順番」が大切。

まず意見が対立する部分から話し始めるのはよくない。最初のところで意見が対立して身構える姿勢ができてしまうと、その後の話が進みづらくなってしまう。
農業のたとえで言うなら、まず最初に大切なのは「土壌作り」(相手との関係性によって必要ない場合もあるけれどそれは例外)。そして、「種植え」があって、その後にはじめて「草刈り」「収穫」がある。

それぞれ具体的にはどういうことかというと……

「土壌づくり」 … コンテクストの共有&共感。
「種植え」 … 議論ポイントの提出。
「草刈り」 … 議論が脇道にそれるのを調整。
「収穫」 … 結論とネクストアクションの決定。

という感じです。


※この話とちょっと関連すると思うのでついで書き。
厳密にどこかは忘れてしまったのですが、有名などこかのコンサル会社で使われる議論のルールとして「PNIルール」というものがありました。内容は次のとおりです。

PNIルール
相手の提案・意見に対して意見を述べるときには、P・N・Iの順番で話を進めるのがよい。P・N・Iとは……
P Positive:ポジティブな意見。いいところを指摘する。
N Negative:ネガティブな意見。伸ばしどころ、課題点を指摘する。
I Interesting:重要ポイントの指摘。その他の重要と思われる点を指摘する。

正確にこのとおりだったかはわかりませんが、大方このとおりだったかと思います。

0 件のコメント: