2009/10/30

「気持ちのよい接客」ができるようになるために自問すべき3つの質問

気持ちのよい接客ができるよいになるためには、また、絶えず成長・進化していくためには、質問を自分に投げかけ、自分で考えていくことが必要かと思います。
1)外面:気持ちのよい外見・姿勢・表情・動き・声はどんなものか?
  清潔、カジュアル、ゆったり、落ち着いた、などなど。
2)内面:気持ちのよい心構え・心遣い・言葉遣いはどんなものか?
  謙虚、一生懸命、丁寧、など。
3)関係性:気持ちのよい顧客と店員の関係性はどんなものか?
  会話のイニシアチブは顧客にある、友人のような関係、先生と生徒、など。

0 件のコメント: